Rental Boutique 21st.

衣装選びのコツ

結婚式

【意外な注意点】結婚式の両親衣装を揃えるべき理由

結婚式を楽しむご両親

 

大切なお子様の結婚式。ご両親様は、どのような衣装を着ていこうか、もう決めましたか?新郎新婦は、結婚式の準備で忙しく、その中でご両親は「結婚式といえば着物よね!」「お父さんはモーニングに決まってる!」など、漠然としたイメージの中で、ご自身の衣装を決めがちです。

 

でもちょっとまって!この「ご両親の衣装」はしっかり決めていかなければ、トラブルの引き金になってしまいかねない重要な事項なのです。

 

 

重要な理由① 写真が不揃いになる


結婚式で衣装を着て写真を撮るご家族

 

結婚式では多くの場合、両家親族の集合写真を撮影します。その際に、主役の新郎新婦を中心としてその両サイドにご両親が並びます。最前列の目立つ位置になるので、その際どちらかのご両親が和装(着物)で、片方が洋装(ドレス)だと出来上がった写真が、なんだかしまりのない印象になってしまう可能性があります。

 

ご両家のお母様|着物

お父様の和装は少なくなりましたが、お母様は着物かドレスかで価値観が分かれることも多いです。「娘の結婚式には着物を着ると決めていた!」というお母様も、「楽で素敵なドレスが着たい!」というお母様も、一度新郎新婦を通じてでも、気軽に意見交換をしてみることをおすすめします。

 

 

重要な理由② 格の差が出てしまう


結婚式でのご両親衣装では、「格」に気を付けることも重要です。それぞれ、男性用、女性用の最上級の衣装を身にまとうことをお勧めします。

 

~男性用の正礼装~

モーニングコート=タキシード=紋付袴=燕尾服

モーニングを着たお父様

 

男性はお昼の結婚式であればモーニング、夜の結婚式であればタキシードというのが一般的。また、日本の結婚式はモーニングを夜も着用していることも多く、モーニングであれば昼夜問わず、タキシードなら夜の結婚式に着用できるでしょう。紋付袴、燕尾服のお父様は少なくなってきましたが、こちらも正礼装です。

 

~女性用の正礼装~

黒留袖=色留袖=ロングドレス

 

結婚式を楽しむお母様とお姉様

 

女性は、留袖の色に注目しましょう。黒留袖と色留袖では格は一緒ですが、「黒のほうが上に見える」というイメージがあるため、お母様が黒で、お母様以外のご家族が色を着るということが一般的です。ロングドレスは、落ち着いた黒かネイビーのロングドレスがおススメです。

 

格を意識しないとどうなるの?

もし、この格を意識しなかった場合、両家で格の差が表れてしまいます。現代において、この格を意識する厳格な家庭は少なくなっているのかもしれません。しかし、結婚式はフォーマルな場であることや、両家が家族として一つになるというセレモニーの中で、格の差が表れてしまうのは良くありません。

お父様も、なかなか着慣れないかもしれませんが、モーニングやタキシードをお召しになって、お子様の晴れ舞台に立ちましょう!

 

結婚式を楽しむご両親様

 

結婚式は新郎新婦にとってはもちろん、そのご両親にとってもかけがえのない一日です。そんな一日が、トラブルが起きることがなく、みんなが笑顔で素敵な一日で終われるように、「ご両親の衣装」はご両家できちんとコミュニケーションをとって決めていきましょう!

 

 

合わせて読みたい

【ウエディングドレス】体型の悩み・不安を解消するテクニックとは?(ウエディングドレスショップ・グランマニエ)

失敗・後悔したくない!結婚式場の選び方・探し方のおすすめとは? (結婚式場相談カウンター・札幌コンシェル)

 

 前のページ
次のページ 

関連記事

カラー
2016.07.30
カラーで決まる印象|イメージ画像

【衣装の色で迷う】色が与える印象の違いとは?

  色のチカラと衣装の関係性 私たちの暮らしの中には色があふれていて、この「色」は私たちに無意識のう […]

INFORMATION新着情報

  • ooo

    【札幌のレンタル袴】期間限定の大幅割引キャンペーン中!

    詳しくはこちら
  • レンタルドレス新作入荷のお知らせ|札幌のレンタルドレス

    レンタルパーティドレス新作入荷のお知らせ

    詳しくはこちら
  • レンタルブティック21st移転先|外観

    レンタルブティック21st 移転リニューアルのお知らせ

    詳しくはこちら
  • 札幌市中央区のレンタルドレス・袴|レンタルブティック21st

    レンタルブティック21stのホームページがリニューアルしました

    詳しくはこちら

 

一覧はこちら